金融資産運用設計

金融資産運用設計(CFP29年度第2回) 16~20問

投稿日:

金融資産運用設計 平成29年度第2回

問6

株式投資に関する以下の設問A,Bについて、それぞれの答えを1~4の中から1つ選んでください。

(問題16)

(設問A)落合さんはQF証券の特定口座(源泉徴収選択口座)で、以下のとおり、VL株式の取引等を行った。

落合さんが平成29年中の取引等において納付すべき税額(源泉徴収された金額から、還付される金額を控除した金額)として、正しいものはどれか。

なお、1株当た取得費の計算については、円未満を切り上げること。

取引年月 取引状況等 株数 単価
平成29年1月 購入 3,000株 1,200円
平成29年2月 配当 1株当たり20円
平成29年3月 購入 2,000株 1,050円
平成29年4月 売却 3,000株 1,300円
平成29年9月 株式分割 1株に対して1.2株
兵衛29年11月 売却 2,000株 930円

<計算に際しての留意点>

・配当金受取方法は、「株式数比例配分方式」を選択している。

・落合さんは大口株主に該当しない。

・復興特別所得のほか、売買委託手数料および記載のない事項は考慮しないものとする。

・落合さんは平成28年以前にVL株式を有しておらず、平成29年中に上記の取引等以外に、有価証券の取引ならびに配当および利子の受取はないものとし、確定申告は行わないものとする。

 

1.0円

2.88,000円

3.94,000円

4.100,000円

 

解答 4.

 

<平成29年2月の配当金受取時>

配当金額:20円x3,000株=6,000円

源泉徴収される税額:60,000円x20%=12,000円

<平成29年4月の売却時>

1株当たりの取得単価{(12,000円x3,000株)+(1,050円x2,000株)}÷(3,000株+2,000株)=1,140円

売却代金:1300円x3000株=3,900,000円

譲渡損益:3,900,000円ー(1,140円x3,000株)=480,000円

源泉徴収される税額:480,000円x20%=96,000円

<平成29年11月の売却時>

1株当たりの取得単価:1140円÷1.2=950円売却代金:930円x2,000株=1,86,000円

譲渡損益:1,860,000円ー(950円x2,000株)=▲40,000円

 

損益通算後の譲渡損益:48万円ー4万円=44万円

損益通算後の税額:440,000円x20%=88,000円

還付される税額:96,000円ー88,000円=8,000円

納付すべき税額:12,000円+96,000円ー8,000円=100,000円

 

(問題17)

(設問B)上場株式の取引制度に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

 

1.内国会社上場株式の売買単位は、1,000株単位と100株単位の2種類あるが、将来的には1,000株単位に統一される予定である。

2.東京証券取引所の本則市場には、市場第一部および市場第二部があり、一定の基準を満たす会社は、市場第二部を介さずに、直接市場第一部に上場することができる。

3.東京証券取引所は、上場廃止基準に該当するおそれがある銘柄を、監理銘柄に指定して一定期間売買させることができる。

4.東京証券取引所は、上場廃止が決定した銘柄を、整理銘柄に指定して一定期間売買させることができる。

 

解答 1.

 

1.2018年10月1日までに100株単位に移行する予定

 

問7

 再建投資等に関する以下の設問A~Gについて、それぞれの答えを1~4の中から1つ選んでください。

なお、設問A,Bについては下表に基づいて解凍してください。

  割引債券VA 利付債券RB
表面利率 0.90%
利払い 年1回
残存期間 4年 4年

<スポットレート>

1年 2年 3年 4年
0.1% 0.2% 0.3% 0.5%

(問題18)

(設問A)割引債券VAを、スポットレートを基にして計算した年1回複利計算による理論価格で額面100万円分購入し、満期まで保有した場合の償還差益として、正しいものはどれか。

なお、税金や手数料等は考慮しないものとし、計算過程は小数点以下第5位を四捨五入、理論価格は小数点以下第3位を四捨五入すること。

 

1.5,000円

2.10,900円

3.19,600円

4.19,800円

解答 4.

 

割引債券の理論価格=額面金額/{(1+利回り(%)/100)^残存期間}≒98.02円

割引債券VAの購入金額=1,000,000円x98.02円/100=980,200円

割引債券VAの償還差益=1,000,000円ー980,200円=19,800円

 

(問題19)

(設問B)利付債券RBを、スポットレートを基にして計算した年一回複利計算による理論価格で額面100万円分購入し、満期まで保有した場合の償還差損益として、正しいものはどれか。

なお、税金や手数料等は考慮しないものとし、計算過程は小数点以下第5位を四捨五入、理論価格は小数点以下第3位を四捨五入すること。

 

1.償還差損 15,900円

2.償還差損 15,700円

3.償還差益 15,700円

4.償還差益 15,900円

 

解答 1.

 

利付債の理論価格は将来のキャッシュフローの割引現在価格の和

1年目のキャッシュフローの理論価格=0.9/(1+0.001)≒0.8991円

2                =0.9/{(1+0.02)^2}≒0.8964円

3                =0.9/{(1+0.03)^3}≒0.8920円

4                =(0.9+100)/{(1+0.05)^4}≒98.9022円

利付債券RBの理論価格≒101.59円

利付債券RBの購入金額=1,000,000円x101.59円÷100=1,015,900円

利付債券RBの償還差損益=1,000,000円ー1,1015,900=▲15,900円

 

(問題20)

(設問C)利付債券RXの条件と収益率シナリオが下表のとおりである場合、利付債券RXのデフォルト率を考慮した理論価格として、正しいものはどれか。

なお、税金や手数料等は考慮しないものとし、計算過程、解答ともに小数点以下第3位を四捨五入すること。

<利付債券RXの条件>

  利付債券RX
表面利率 5.0%
利払い 年1回
残存期間 1年
残存期間1年のスポットレート 0.1%

 

<利付債券RXの収益率シナリオ>

ケース 生起確率 回収率 利子
デフォルトしない 80% 額面金額の100% 支払われる
デフォルトする 20% 額面金額の60%(※) 支払われない

※債権の満期日に回収されるものとする。

1.91.91円

2.92.00円

3.95.90円

4.96.00円

 

解答 3.

利付債券RXの1年後の期待キャシュフロー

80%x105円+20%x60円

利付債券RXの理論価格=96円/(1+0.001)≒95.90円

濡れた栗田桃

 

 

-金融資産運用設計

Copyright© チャレンジCFP , 2018 All Rights Reserved.